諸塚ダム 見学 その2


諸塚ダムは普段天端に入ることはできません。
こちらのダムでも見学をお願いしていたためにフェンスを開けて通して頂くことができました。
でも堤体内見学はできませんでした。

ここにはエレベーターが有りません。
多分畑薙第二ダムと同じ理由で許可が出なかったんだろうなと予測。


右岸から天端を見通したところです。
真ん中のゲート部分だけ下流側に張り出しています。

軽トラックくらいは通れそうな幅。
多分作業用の九州電力様の軽トラックはここを通るのでしょう。
コンクリートにそれっぽい轍のようなラインが入っています。

よそ見したらたちまち高欄にごっつんこ。


天端に入れてもらってすぐ見下ろしたのが下流のスリットです。

謎だ
これ、どの位の深さのスリットなんだろう
諸塚にはないと言われている換気孔
実はこのスリットの奥に在るんじゃないのかな

でもここから見ても謎は深まるばかり。
全容が全く分からない。


といわれましても…

見たいのですよ。
下流面スリット。


天端中央のゲート部から見たダム湖。
取水しているのは左岸側です。
管理所も網場も左岸側に在りますね。


で、ゲートから下流を見下ろしたところ。
真ーっ直ぐ。
シンプルすぎるくらい真ーっ直ぐ。


更に下流にの扉で副ダムが有る辺りまで真ーっ直ぐでした。
生真面目感が漂います。


ゲートの部分だけ天端が下流側に飛び出しているので
轍もこのように(笑)
すこし難しいコーナーらしい。

でも高欄の苔にはこすった跡などはありませんでした。