大内原ダム 見学

2012/1/1 更新


耳川で最も下流に在る大内原ダムに到着しました。
すでに日が傾いてかなりシビアな時間になっております。

耳川のダムを最上流からさらっと見るのは一日で可能ですが
そこに私のように細かい見学を加えると一日ではとても厳しい。
たくさんのダムを見たい方にはお勧めできない私の見学方法。


大内原ダムの上流からのビュー。
このガードレールは対岸に向けて橋が架かっているわけではありませんので。


堤体に近づくと目に入るのは大内原発電所の門柱。


説明板もきっちり設置されています。嬉しいですね。


この説明板に書いてある通り
大内原発電所は耳川で唯一のダム式発電所なのです。

他のダムは皆ダムから離れた場所に発電所を持っています。


ダム式発電所というのはこんな感じで堤体の横に発電所があるパターンが多いです。
堤体の中に発電所を持っていたり堤体の下に発電所を持っていたりパターンは色々ですが
この発電所建屋と堤体が並んでいるのがスタンダードスタイル。


左岸にはコンクリートブロックが並んでいます。
バッフルピアでしょうか。
端っこだけに設置しているという事は
端っこの水勢を落としたいのかなと思って見ていました。


大内原ダムのゲートピアは鉄骨トラスでつながっています。
ひとつ上流の西郷ダムとはここが違うポイント。

昭和4年に造られた西郷ダムはローラーゲート8門で
ゲートピアをつなぐのはコンクリートのアーチです。

昭和31年に造られた大内原ダムはローラーゲート6門で
ゲートピアをつなぐのは鉄骨トラスです。


耳川下流を任されているローラーゲートペアの
一番の違いはダム横の発電所。

下流になり川幅も広く
流れの緩やかになった耳川

流域の水が全て到達する大内原ダムは
国道から発電所の影に隠れて
ちょっと恥ずかしがりやなのかなという横顔を見せてくれるダムでした。