御母衣ファミリーを讃えるOFF

2010/7/9 更新

大白川ダム 見学 その1


大黒谷ダム、御母衣ダムと見学をして
次に向かったのは庄川の最深部、大白川ダムです。

大白川ダムの横には温泉や白山登山の起点となる公園が整備されているため
とても人気がある観光ポイントです。

そういう事もあってダムまでの道は完全舗装路。
ところどころ、沢筋から流れてくる水で浸かっていたりしますけど
乗用車で十分辿り着ける道です。
車を汚したくない方とか高い車に乗っている方にはお勧めできません。


道路から見える砂防堰堤は手取川の砂防堰堤のように堤冠が削られています。


大白川の水は見事な清流。
そして量が多いです。

車の中から流し撮り。
単焦点レンズ凄ーいっ。


どんどん標高が上がりまして辿り着きました大白川ダム横です。
地面を見ると敷石でヘリポートマークが。


鉄柵の向こうにダム名碑。
観光客がとにかく多いので。

パッと見渡してもダム湖に近づいている人がたくさん目につきます。
立入禁止と書いてあっても読んでないし
チェーンがあっても跨いでいるし
明らかにダムの敷地なのに車で入り込んで昼寝している夫婦とかいるし。

鉄柵はやむなしです。


大白川ダムの天端左岸です。
このようにチェーンが張ってあって天端は立ち入り禁止なのです。


今回の見学資料として頂いた大白川ダムと隣の白水ダムの平面図です。
かくっと曲がったロックフィルダム。

この為に、大白川ダムの堤体は左岸側からは全体を見渡すことができません。
左岸よりの部分だけを見ると小さい堤体に見えますがとんでもない。
右岸側には95mもの堤体が在るんです。

公式見学の強み。
皆、装着ヘルメット。
羨ましそうな一般の観光客の視線を背に堂々と天端に入れて頂きました。


そしていきなりこの絶景。

な・・
なんという青
6月半ばに背後の山には雪が残っています
ここはレマン湖か?

あまりの美しさに大白川ダム初見の私は感動で呆然としてしまいました。

が、後ろから御母衣電力所の方がぽろっと一言。

「あ〜。今日は綺麗じゃないですね〜」
「うそーん。
こんなに綺麗なのにどこが綺麗じゃないというのですか〜。
素晴らしい美しさじゃないですかぁ!!
こんなに綺麗なのにそんなはずないでしょうぅ」
「いいえ。昨日の方が綺麗でした(きっぱり)。今日は曇っていてあんまり綺麗じゃないです」

これで綺麗じゃないって
普段どんなに凄いの大白川ダム。