伊勢湾台風60年 その1

2019/10/14 更新


令和元年、日本の災害史において
戦後、最大の被害を出した台風、伊勢湾台風が襲来した昭和34年から
60年という事で名古屋工業大学で特別シンポジウムが開催される
という情報が飛び込んできました。


当日、とても幸運なことに仕事が休みでしたので
申し込みをしてうきうき名古屋へ。

まずやってきたのは近鉄・大和八木駅。


新幹線で京都から行けば倍の速さで到着しますが
時間に余裕がある場合はのんびり近鉄特急で名古屋入り。


アーバンライナーで好きなのは各車両の前についているモニターに
先頭車両のカメラ映像が映ること。


これ見ているの好きなのです。
運転手さん気分。


どんどん進んで揖斐川を越えてここは長良川。
長良川河口堰が見えました。
もうすぐ名古屋。


到着です。
折角名古屋に時間たっぷりでやってきたのですから
てくてくお散歩しないと損。


マンホールには何やら立派な橋が。
名古屋市制100周年記念かしら?
名古屋で歴史の古い橋と言えば納屋橋ですが。


てくてく東に歩いております。


久屋大通に到着しました。